~競争を競創へ~

競創を通した人財の育成を

Pocket

VISION: 競争を競創へ

MISSION: 競創を通した人財の育成を

スポーツに限らず世の中には競争があふれています。

しかしながら、本当の意味での競争とは何でしょうか。

競争とは、英語でCompeteです。

語源はラテン語のCompetereで共に努力するという意味です。

広辞苑によると競争とは勝負・優劣を互いにきそい争うことと書いてあり、語源と大きく異なった解釈になっています。

行き過ぎた競争は勝利至上主義・結果至上主義へ

行き過ぎた競争は勝利至上主義や結果至上主義に陥らせます。

スポーツのハラスメント問題では、アスリートが自殺へ追い込まれたり、アスリートがスポーツマンシップに欠いたプレーをしたりすることが連日のように報道されています。

社会レベルでみるとモチベーションレベルは調査対象国139か国中132位のモチベーションレベルであることが報告されています。

これは勝利至上主義・結果至上主義に陥っていることを露呈しています。

加えて社会からのドロップアウトは深刻な問題です。離職率の高さや子どもの自殺率は今後の将来性を危ぶんでいます。

CoGnoのパフォーマンス心理学は競創による人財の育成を目指します

欧米では、トップアスリートやビジネスパーソン、軍隊や医療従事者に対してパフォーマンス心理学に基づく科学的なコンサルテーションが行われています。

パフォーマンス心理学とは?

パフォーマンス心理学とは、本来アスリートの競技力向上のために研究され始めた学問で、心理的な問題や課題を臨床的にみる心理学とは異なります。

取り扱う時間軸が過去のことではなく、未来のことを取り扱う学問でアスリートに様々なポジティブな影響を及ぼすことが研究結果として示されています。

CoGnoのパフォーマンス心理学プログラム

CoGnoのパフォーマンス心理学プログラムでは下記の8つの心理的スキルをクライアントの皆様と一緒にトレーニングをします。

  1. 目標設定
  2. リラクセーション&サイキングアップ
  3. イメージ
  4. 集中力
  5. ポジティブシンキング
  6. セルフトーク
  7. コミュニケーション
  8. 試合に対する心理的準備

これらのスキルを通して、モチベーション向上・マインドセット養成・コミュニケーションスキル向上・生産性向上といったことを目的としています。

提供するプログラムの形式は下記の3つの方法です。

  1. 現場でのチームコンサルティング
  2. 講習会形式のコンサルティング
  3. 個別でのコンサルティング

コンサルティングのお申込みは下記の連絡先までご連絡ください。

CoGno メンタルトレーニングアドバイザー(Sport Psychology Consutant)

後藤晃一(Koichi Goto)

東海大学体育学部競技スポーツ学科卒(2015)

東海大学体育学専攻体育学研究科修了(2017)

日本スポーツ心理学会

Assotiation for Applied Sport Psychology

大学生弓道部メンタルトレーニングコーチ

中学生野球部メンタルトレーニングコーチ

NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ

NPO法人Compassion

更新日:

執筆者:pst_koichi

Copyright© ~競争を競創へ~ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.